BLOG

ブログ

スタッフの日常を覗き見!

私の仕事道具道楽⑦

2018年12月15日 住まいづくり その他

私の仕事道具道楽⑦

みなさま、いつもこのブログを閲覧していただきありがとうございます。
設計の宮尾でございます。
7度目の登場です。「私の仕事道具道楽7」をつづらせていただきます。
今回は視点を変えてお送り致します。

さて、最近お客様との打ち合わせ中の「壁掛け時計を留めるにはどうしたら
良いですか?」というご質問をいただきました。

そうです、今の建物の内壁は、柱や壁パネルの上に石膏ボード12.5mm
が貼ってあり、その上から壁紙(クロス)等で仕上げられております。解り
やすい図ですと・・・

こんな感じでしょうか。なので、石膏ボードの厚さ以下のビスや針の形を
した画鋲等ですとしっかりと固定が出来ない場合が多いです。
昔の建物の内部は、柱や長押(ナゲシ)鴨居(カモイ)といったビスや
画鋲の固定出来る、部材が目に見えていましたよね。

それでは、こんな場合の【対策A】です。

【長~いビス】
です。これで石膏ボードの下にある柱や壁パネルの芯材までしっかり固定
致します。これで安心、安心となるのですが、この方法にはひとつ注意が
必要です。石膏ボードの下にある柱や壁パネルの芯材の位置を確認しておかな
ければいけないこと!。なので、芯材位置に影響されちゃいます。

ちなみに芯材位置は、私共は仕事上感覚でわかるのですが、お客様だと
むずかし・・。
たとえば、壁をノックして音の響き方で芯材位置を確認する方法(壁体内が
空洞に近いと響きますし、しっかり固い物が詰まっていると響きずらいです。)。
もうひとつは、センサー付きの下地材発見機等で芯材位置を確認する方法が
あります。ちなみに、私は前者の方法で確認します。

で、こんな方法もあります、【対策B】です。

【石膏ボード壁専用のフック】
です。これは非常に便利なアイテムです。しくみは石膏ボードだけで留められる
画鋲でフックを固定します。耐荷重2.5kg 、4kg、5kg、7kg 等の
種類があります。私みたいにあまり力仕事の苦手な方でも簡単に取り付ける事が
可能です。どこのホームセンターでも入手可能かと思います。お値段は
300円~400円の相場です。種類によってお値段も変わりますよね。
写真以外のアイテムで同じような機能のあるものもいろいろ売られており
ました。みなさんも見つけて見てください。

今回ご紹介いたしました、【対策A】【対策B】は、あくまで軽量物の壁固定と
なります。重量物はやっぱり、しっかりした下地合板等を仕込んだ方がよいで
すね。これらを活用してすてきなお家にしてください。
次回も是非楽しみにしててください。道具道楽の宮尾でした。

一覧に戻る