BLOG

ブログ

スタッフの日常を覗き見!

平成最後の… 住宅と増税

2019年1月20日 住まいづくり

平成最後の… 住宅と増税

寒さも日に日に深まる今日この頃ですが

今日、甲府では粉雪が舞いました。

お風邪など召されないようどうぞ暖かくしてお過ごしください。

 

さて、昨年末あたりから何かと「平成最後の~」というワードが

各種メディアで取り沙汰されております。

平成最後のお正月も終わり、平成最後の新成人も門出を迎え、

新たな元号においてよりよい日本にしてくれることを祈るばかりです。(?)

 

新元号における最初のビッグイベントのひとつが消費税増税でしょうか。

2019年10月1日から、現行の8%の消費税が10%に引き上げられる予定です。

2%の増税ですが、買うものが住宅となると大きな金額になります。

 

ただ、注文住宅は「これください」「はいどうぞ」という性質のものではありません。

「これください」から「はいどうぞ」の間には、

お打ち合わせ、設計、施工などのプロセスを経てお客様に引き渡されることになります。

 

「引渡し前に10月1日を迎えたらどうしよう…。」

と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

前述の通り、注文住宅は食品や雑貨のように

即座に売買が完了するものではありません。

そこで、”経過措置”という救済を受けることができます。

 

今回の増税でいえば

2019年3月31日までに請負契約をすれば、

引渡しが2019年10月以降でも8%の消費税を適用する

というものです。

 

「8%のうちに住宅を建てたいけど間に合うのかな」とか

「間取りや設備などじっくり時間をかけて選びたいな」といったお客様、

 

間に合いますし、じっくり時間をかけて選んでください。

 

エス・バイ・エルの住まいでは、税に関することのほかにも

間取りや資金計画といったご相談も随時受け付けております。

とりあえず話だけでも、といったご相談も大歓迎です。

どうぞお気軽に昭和住宅公園内、エス・バイ・エルの住まい山梨 モデルハウスまで

お出かけくださいませ。

 

 

営業 竹野

一覧に戻る